メディア映像専攻|進学説明会 公開中[2021年度]

メディア映像専攻進学説明会|
New Media Department Information Session

大学院映像研究科メディア映像専攻では、「進学説明会」を開催します。映像研究科が実施する「入試説明会」、校舎に個別訪問して教員と面談する「研究室訪問」に加えて、今年度はメディア映像専攻への進学を希望する方、本専攻に関心のある皆さんに向けて、カリキュラムや入試についてご案内します。本専攻出身で国内外で活躍するアーティストたちをゲストに招いて、「メディア映像専攻とは何か」をめぐり教員との対話形式で全4回にわたって紐解いていきます。進学を考えている方のみならず、新しい芸術表現やメディア実践を探究する学びの場として、メディア映像専攻の取り組みを広く知ってもらいたく、多くの方にご視聴いただきたいと思います。

>>視聴する https://bit.ly/3B5SBVg

―――――――――――――――――
◉進学説明会 https://fm.geidai.ac.jp/4297/
◉研究室訪問 https://fm.geidai.ac.jp/3463/(11/24まで)
◉入試説明会 https://bit.ly/3Gaid7m (10/31まで視聴可)
―――――――――――――――――

【メディア映像専攻進学説明会 2021年度】

▼第1回 10/23 [土] 公開
畠山直哉 教授 × 青柳菜摘 (アーティスト) 9期生, 2015年度修了
>>URL https://youtu.be/CcfuBwEmvlY

▼第2回 10/27 [水] 公開
桐山孝司 教授 × 布施琳太郎 (アーティスト) 12期生, 2018年度修了
>>URL https://youtu.be/2_DwMfQvaQ8

▼第3回 10/30 [土] 公開予定
服部浩之 准教授 × 吉開菜央 (映画作家・振付家・ダンサー) 5期生, 2011年度修了
>>URL https://youtu.be/mGs8tzCSKv4

▼第4回 11/3 [水] 公開予定
高山 明 教授 × 荒木 悠 (アーティスト・映画監督) 3期生, 2009年度修了
>>URL https://youtu.be/iBBnSVmc9BI

[司会:桂 英史 教授]

―――――――――――――――――
【ゲスト・プロフィール】

▼青柳菜摘(あおやぎ なつみ)|アーティスト
ある虫や身近な人、植物、景観に至るまであらゆるものの成長過程を観察する上で、記録メディアや固有の媒体に捉われずにいかに表現することが可能か。リサーチやフィールドワークを重ねながら、作者である自身の見ているものがそのまま表れているように経験させる手段と、観者がその不可能性に気づくことを主題として取り組んでいる。
近年の活動に「TWO PRIVATE ROOMS – 往復朗読」(theca, 2020)、「彼女の権利——フランケンシュタインによるトルコ人、あるいは現代のプロメテウス」 (NTTインターコミュニケーション・センター [ICC], 2019)、第10回 恵比寿映像祭(東京都写真美術館, 2018)、小説『フジミ楼蜂』(ことばと vol.3 所収, 2021)などがある。プラクティショナーコレクティヴであるコ本や honkbooks主宰。
https://www.datsuo.com

▼布施琳太郎(ふせ りんたろう)|アーティスト
1994年生まれ。2019年東京藝術大学大学院映像研究科(メディア映像専攻)修了。情報技術や文学、そして洞窟壁画についての対話に基づき、iPhoneの発売以降の都市において可能な「新しい孤独」を思考しながら、映像や絵画の制作、プログラムやテキストの執筆、同世代のアーティスト、詩人、デザイナー、音楽家、批評家などと協働する展覧会の企画などを実践している。近年の個展に「すべて最初のラブソング」(The 5th Floor、2021)、「名前たちのキス」(SNOW Contemporary、2021)。主な展覧会企画に「沈黙のカテゴリー」(名村造船所跡地、2021)、「隔離式濃厚接触室」(ウェブページ、2020)。主な参加展覧会に「Reborn-Art Festival 2021-22」(宮城県石巻市荻浜)など。『美術手帖』や『現代詩手帖』、各種Webメディアに寄稿多数。
https://rintarofuse.com

▼吉開菜央(よしがい なお)|映画作家・振付家・ダンサー
1987年山口県生まれ。映画作家・振付家・ダンサー。日本女子体育大学舞踊学専攻卒業、東京藝術大学大学院映像研究科修了。自らの身体感覚、情動に向き合いながら様々な映像、映画制作を行う。 2015年『ほったまるびより』により文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門新人賞、『Grand Bouquet』によりカンヌ国際映画祭監督週間2019正式招待
https://naoyoshigai.com

▼ 荒木 悠(あらき ゆう)|アーティスト・映画監督
メディア映像専攻三期生。異文化のはざまや差異に着目し、再演・再現・再話といった手法で展開する映像インスタレーションを発表している。近年の主な個展に「約束の凝集 vol.4 荒木悠」(gallery αM、東京、2021)、「三泊五日」(板室温泉 大黒屋、栃木、2021)、「ニッポンノミヤゲ」(資生堂ギャラリー、東京、2019)など。シドニーオペラハウス、ポーラ美術館、アートソンジェ・センター、ジョアン・ミロ財団でのグループ展に参加。監督した短編はロッテルダム国際映画祭、Videoexチューリッヒ、Kasseler Dokfestなどで入賞。Future Generation Art Prize 2019ファイナリスト。
http://yuaraki.com

―――――――――――――――――

 

|主催|東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻