MEDIA PRACTICE 20-21
東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻
年次成果発表会
修士課程修了制作展/修士一年次成果発表会
展覧会趣旨

メディア映像専攻では、「MEDIA PRACTICE 20-21」と題して、私たちの学舎である元町中華街校舎を会場に修士課程修了制作展ならびに修士一年次成果発表会を開催いたします。 修士一年生は個人で取り組んできた研究や制作の後期以降の成果を、修士二年生は修士課程の集大成としての修了制作を発表する展覧会です。

MEDIA PRACTICEの「Practice」という語には現実の他者に働きかける「実践」と、現実のシミュレーションとして遊戯的に行われる「練習」という二つの意味を含んでいます。 私たちがメディア映像専攻において「練習」し「実践」してきたことは、この「Practice」の二重性に貫かれていました。 本展では、映像作品や3DCGアニメーション、インスタレーション、ゲーム、パフォーマンスなど、様々な形態の作品が展示されています。その出発点には目の前のメディウムと向き合うなかで生まれる気づきがありました。そうした気づきは、講評やゼミ、展示を通じて、物質や音、映像、空間の奥行き、時には社会そのものへの影響という形となって私たちに確かな手応えを返してきます。

パーソナルな遊びの豊かさを現実に拡張することで生まれる作品たちは、時に「アート」の枠組みからは離れて見えるかもしれません。しかし、それ故にこうした「Practice」は、既存の制度やメディア環境に捉われない新たな問いを投げかけてくれます。本展はそうした投げかけに私たちが応答する、最初の機会となります。

展示や作品というものの形、さらには展示に足を運ぶ一人ひとりの生活の仕方さえも問い直される今、私たちは「Practice」に立ち返ることで、自らの立つ位置を見つめ直し、作家としての態度を表明します。 作家一人ひとりの声が響き合うこの会場で、私たちがメディアをめぐる「練習」と「実践」に向き合って、そこから生まれる問いを来場者の皆様に木霊させることができるのならば、それに勝る喜びはありません。

メディア映像専攻 14期生・15期生 一同

概要
会期
2021年1月15日[金]― 17日[日]
時間
10:00 ― 18:00
来場方法のご案内

新型コロナウイルス感染症拡大への対策を徹底するために、ご来場のお客様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

【来場のための事前予約について】

○ 事前予約制
・予約サイトからのみ予約可能です。電話や直接訪問ではお受けできません。
・日時指定予約制となります。時間制限の入替制ではありません。
○ 来場方法
・ご来場当日は、Peatixでの予約画面、もしくは画面を印刷したものを、入口の係員にご提示ください。提示がない場合はご来場できません。
・指定した時間枠内であれば、いつでもご来場できます。
・予約時間枠の開始時刻直後は混雑が予想され、来場までに外でお待ちいただく場合があります。

【ご来場のお客様へのお願い】

・発熱、咳などの風邪の症状がみられる方、体調に不安がある方、新型コロナウイルス感染者との濃厚接触者、新型コロナウイルス感染症の流行国からの渡航後に保健所や検閲所から健康観察を指示されている方のご来場はできません。
・来場時に検温を実施しており、37.5度以上の発熱が確認された場合、ご来場をご遠慮いただきます。
・保健所などの公的機関による聞き取り調査にご協力いただく場合があるため、必要に応じて、事前予約時の連絡先のご提供をお願いいたします。
・会場内ではマスクの着用が必要です。
・手洗いおよびアルコール消毒にご協力ください。
・他のお客様と十分な間隔を保ってご観覧いただきますようお願いいたします。
・飛沫予防のため、会場内では会話を極力お控えください。
・展示作品、機械、備品にお手を触れないようお願いいたします。一部、触って鑑賞していただく作品がございます。お手に取る前と後に手指消毒にご協力ください。

【開催にあたっての取り組み】

・日時指定予約制の導入
・来場者全員の検温
・混雑時の入場者の制限
・会場内の清掃、換気、消毒の実施
・会場内フロアごとにアルコール消毒液の設置
・スタッフ全員の検温および健康状態の確認
・スタッフのマスクおよび手袋の着用
・東京藝術大学および横浜市の指針などに基づき、十分な感染症対策を講じています。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご来場の皆様には、来場にあたり日時指定の事前予約をお願いさせていただきます。感染対策を強化した上での開催のため、あらかじめ 「来場方法のご案内」 をお読みになりお越しください。


場所
東京藝術大学 横浜校地 元町中華街校舎
神奈川県横浜市中区山下町116|Google Map
JR京浜東北線・根岸線石川町駅 北口より徒歩6分。
みなとみらい線元町・中華街駅 3番出口より徒歩8分。
主催
東京藝術大学大学院映像研究科、横浜市文化観光局
協力
ソフトバンク株式会社 CSR本部
オンライン公開
MEDIA PRACTICE 20-21では、出展中の映像作品の一部や修了制作展の展覧会カタログをWEB上にて公開しています。詳しくは下記リンクをご参照ください。
映像作品公開中
(2021年1月末まで)
MP20-21 修了制作展
展覧会カタログ
会期中、学生主催の配信イベントを行います。 展示会場の様子や、研究室からのトークライブなどを、YouTube LIVEにて随時配信します。
出展作家|修士2年
大里 淳 / 大滝彩加 / 岡千穂 / 古閑慶治 / 小林舞衣 / 椎名悠香 / 宍倉志信 / 志村茉那美 / 瀬古瑞歩 / 平井亨季 / 福原翼 / 吉田真也
大里淳|Jun Osato
大滝彩加|Ayaka Otaki
岡千穂|Chiho Oka
古閑慶治|Cage Koga
小林舞衣|Mai Kobayashi
椎名悠香|Yuka Shiina
宍倉志信|Shinobu Shishikura
志村茉那美|Manami Shimura
瀬古瑞歩|Mizuho Seko
平井亨季|Koki Hirai
福原翼|Tsubasa Fukuhara
吉田真也|Shinya Yoshida
出展作家|修士1年
内海拓 / 笠島久美子 / ジョイス・ラム / 孫奎星 / 龍村景一 / 田中彩 / 西村梨緒葉 / 林裕人 / 松井靖果 / 山岸耕輔
内海拓|Taku Uchiumi
笠島久美子|Kumiko Kasajima
ジョイス・ラム|Joyce Lam
孫奎星|Sun Kuixing
龍村景一|Keiichi Tatsumura
田中彩|Aya Tanaka
西村梨緒葉|Rioha Nishimura
林裕人|Yuto Hayashi
松井靖果|Shizuka Matsui
山岸耕輔|Kosuke Yamagishi
お問い合わせ : Mail(メディア映像教員室)