OPEN THEATER 2019 脚本オープンセミナー < 7/19開催!>

2019年7月19日(金)に、脚本家の奥寺佐渡子さんをお招きして、本学の脚本領域教授の坂元裕二教授とのトークショーと関連作品の上映が行われます。
映画「お引越し」の上映や、お二人の貴重な対談が行われる予定です。     【上映作品】映画「お引越し」 【スケジュール】2019年7月19日 (金) 15時30分  開場 16時     映画「お引越し」上映(124min、フィルム上映) (休憩・15分) 18時20分  トークショー 20時     終了予定 【会場】東京藝術大学大学院 映像研究科 馬車道校舎 3階大視聴覚室 【料金】入場無料・要予約(一般の方のお席は75席程度をご用意しております。トークショーからのご参加も可能ですが、貴重なフィルム上映ですので是非映画からお越しください) 【予約方法】こちらのURLからPeatixのQRコードの発行手続きをし、当日ご提示ください(スマホ画面か印刷した紙をご持参下さい)。 https://sakamotoseminar0719.peatix.com/ 【予約開始日時】2019年6月29日(土)10:00〜  
    【奥寺佐渡子氏の主な脚本作品】 ・映画 「お引越し」(1993年) 「学校の怪談シリーズ」(1995年〜) 「八日目の蟬」(2011年) ・アニメ 「時をかける少女」(2006年) 「サマーウォーズ」(2009年) 「おおかみこどもの雨と雪」(2012年) ・ドラマ 「Nのために」(2014年) 「リバース」(2017年) 「わたし、定時で帰ります」(2019年) 【坂元裕二教授の主な経歴】 1987年、第一回フジテレビヤングシナリオ大賞を19歳で受賞。 東京ラブストーリー(フジテレビ・1991年) など、 数々のドラマ作品を世に送り出している。 2008年「わたしたちの教科書」向田邦子賞 受賞 2010年「Mother」橋田賞 受賞 2011年「それでも、生きてゆく」芸術選奨新人賞放送部門賞 受賞 2016年 東京芸術大学大学院映像研究科教授に就任 2017年「カルテット」芸術選奨文部科学大臣賞放送部門賞 受賞